<< June 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

VMwareを利用してみる:3

(3)VMware Toolsの導入(Linux編)

さて、(2)で導入したVineLinuxだが、このままだと使い勝手がイマイチよろしくないと思うのではないだろうか。PCを仮想化するというその性質上仕方ないのかもしれないが、いちいちマウスもキーボードもウィンドウ内に取られていては操作が非常にしづらいと思う。また、ゲストOSがLinuxの場合なら(少なくともVineLinuxなら)ウィンドウ自体は問題ではないと思うが、WindowsがゲストOSの場合は、VMware ToolsをインストールしないとVGAドライバがない状態となり、パフォーマンスとしても使い物にならなくなる。

それらを解決するためにも「VMware Tools」の導入をお勧めする。VMware ToolsはVMware Workstationの中に含まれている(Serverにも入っている)ユーティリティで、VGAドライバの改善やマウスの扱いの改善などが図られる。これ自体はVMware Playerには同梱されていないのだが、利用自体は問題ないとのことなのでここでは利用することにする。

VMTN Discussion Forums: VMWare Tools + VMWare Player = Legal?


まずはVMware Toolsの入手から。これは先ほども述べたがVMware Workstationに含まれているものなので、VMwareからWorkstationをダウンロードする(要ユーザー登録)。Windows版なら実行ファイルなのでインストールする必要があるが、Linux:tar版をダウンロードして展開すれば展開先のフォルダ内の[lib/isoimages]の位置にWindows.isoとlinux.isoがあるのが発見できると思う。この2つのisoファイルを使うことにする( freebsd.isoやnetware.isoはとりあえず使う予定はないのでパス)。

さて、今回のゲストOSはVineLinuxなので利用するのはlinux.isoだ。これをわかりやすいようにvmxファイルと同じフォルダに置く。前回までのとおりだと[c:\vmware\test]の中になるはず。これをVine上でマウントして起動させる事にする。そのためにvmxファイルを編集する。メモ帳でも開けないことはないと思うが、文字コードの関係などで不具合が発生しても困るので、これを機にTeraPadなどのエディタソフトの導入をお勧めする。


というわけでエディタでvmxファイルを開く。vmx-Makerで作られたこのvmxファイルを開くと

ide0:1.filename = "C:\vmware\test\Vine32- i386.iso"


と書かれた個所があると思う。これを編集して

ide0:1.filename = "C:\vmware\test\linux.iso"


とできたら保存して終了する。そしてVMware Playerを起動して先ほど編集したvmxファイルを開けば、linux.isoを仮想CDとしてマウントした状態でVineLinuxの環境が起動する。
無事ログインしたらCDをマウントして[VMwareTools-5.5.0-18463.i386.rpm](バージョンナンバーなどは異なるかもしれません)を適当な位置にコピーします。それが終わったらコンソールを開いてrpmコマンドでのインストール(例えば↓のような感じ)。

># rpm -ivh VMwareTools-5.5.0-18463.i386.rpm


rpmパッケージのインストールが終わったら

># /usr/bin/vmware- config-tools.pl


を実行して設定を行う。基本的にEnterを押していくだけで完了するはずだ。ここまで終わったらVineとVMware Playerを終了させて再起動する。無事に進んでいればマウスをVMware Playerのウィンドウにとられることなく操作可能になっているはずである。
Computer > VMware | comments (0) | trackbacks (1)

パソコンが不調なのですよ。

どうも我が家のパソコンたちは一斉に臍を曲げるというところがあるようで、いいかげん困り果てることになってしまうのである。

まずデスクトップマシンがネットにつながらなくなった。LANカードを増設しても直らないあたりが実に性質が悪い。最悪、予備のマザーボードに交換すれば何とかなる気もするのだが、なにせ面倒極まりない。組みなおし自体も面倒なのだが、CPUファンがまた面倒な形状のものであり、おまけにOSのインストールしなおしまで考えるともうそれだけで軽く数日はおなかいっぱいになる。

そして追い討ちをかけるようにメールなんかのデータを扱ってるノートパソコンの不調だ。こいつは機嫌が悪くなるとバックライトがつかなくなるという、地味だがじわじわと効いてくる攻撃を加えてくる。一応分解して組みなおしてやれば機嫌がよくなることはわかっているが、これも軽く30分はとられる作業なのであまり嬉しくはない。嬉しくはないがこいつが直らないとメールが取れないし巡回も面倒だしmixiも見れないし自分のサイトの更新もままならない。そんなわけで早急に対処する必要がある。

そんな状況にさらに駄目押しといわんばかりに実験用マシンの調子も悪い。戯れに[ホスト:CentOS]-[ゲスト:Windows2000]という環境を構築しようとしたのだが、CentOSのインストールの途中でざっくりとハングアップする。どちらかというと実験用のHDDが駄目な気もするが、別に動かなくても死ぬわけじゃないので暫く放置することにする。

そんなこんなで、整理すると「家に帰ったら、というか家に帰ってもパソコンいじりまくりの日々が続きそう」という、わりと真剣に泣けてきそうな状況だったりする。まあ当面の問題はノートパソコンの復旧だな。これさえ何とかなれば、あとはゆっくりやっていけばいいや。
Computer | comments (0) | trackbacks (0)

VMwareを利用してみる:2

(2)Windowsの上でLinuxを動かしてみる


ショボイブログ[SB] | VMwareを利用してみる:1の続きです。


という能書きをだらだらと書いたところで早速実践してみることにする。今回利用するソフトはVMware Playerがメインとなる。VMwareにはPlayer以外にもWorkstationだとかServerだとかいろいろとあるのだけども、なにせフリーなのでお手軽に試せるPlayerで進めることにする。


まず必要なものだが、下記のように大きく分けて3種類のソフトが必要になる。
・VMware Player本体
・HDDイメージ作成ソフト(今回はQEMU on windows)
・vmxファイル作成ソフト(今回はvmx-Maker)
それとLinuxをインストールするためのCDイメージも用意する。今回はVineLinuxのISOイメージをダウンロードして使うことにする。


さて、まずはVMware Playerをインストールしよう。といっても実行してしまうだけなので特に難しいこともないのではないかと思う。それが終わったらQEMUとvmx-Makerのアーカイブを展開する。

ついでにVMware用のデータフォルダを用意して(私の場合C:\vmwareをデータフォルダにした。今回はテスト環境ということで、その下にさらにtestフォルダを作成。ここを作業フォルダにする)、そのフォルダにVineLinuxのイメージファイルをコピーしておく。

ここまで準備できたらvmx-Makerを起動する(解凍フォルダ内のvmxmaker.exe)。ここから順に説明していくことにするが、細かいことはvmxMakerのマニュアルを参照してもらうことにして、ここでは概要だけ。

まず[基本環境]から。[仮想ディスクのファイル名]のところで[>>]ボタンを押してqemu-imgを呼び出して、仮想ディスクを作成する。その下の名称だとかは特に考えることもなく普通に設定してもらえばいいかと。そして[CD-ROMにISOイメージを割り当てる]にチェックを入れてVineLinuxのイメージを指定する。あとは右側のネットワークで接続方式を[bridged]にする(説明は後ほど)。

ここまでできたら[ファイル生成]を押せばvmxファイルができあがる。そしてそのvmxファイルをVMware Playerで開けば仮想PCが立ち上がり、Vineのインストールを行うことができる。

インストール完了後は仮想CDROMドライブをオフにすればHDDから立ち上がるようになる。
Computer > VMware | - | -

VMwareを利用してみる:1

(1)仮想化してみようかと思う

かねてより、「コンピューターの仮想化」というものが気になっていた。
もちろん技術的なトレンドとしてもそういう流れは主流になりつつあるが、一個人としても仮想化には興味があった。

私の場合、生来の阿呆であるからして自宅にもパソコンが何台かあったりする。そして困ったことに、そのどれにおいても同じように情報にアクセスできたり、同じような使い勝手を求めたりする。

するとどうなるか。

何台ものパソコンに同じソフトをインストールし、同じ設定をし、メールも何台ものパソコンで取得できるようにし・・・などと冷静に考えたら不毛極まりないのである。

それだけではない。

いざというときに備えて重要なデータはバックアップを取ることを心がけている。しかしそれにしたってあれやこれやとあるのはやはり面倒極まりないというのが実情である。ホントに面倒なのでどうにかしたいと思っていた。それがもしかしたら「コンピューターの仮想化」でずいぶんと解決するかもしれないのだ。


とりあえず軽く仮想化について触れることにする。いわゆるパソコンというのは、パソコンというハード(機械)の上にWindowsやらMacOSやらLinuxやらというソフト(OS)があって、それが動作しているのである。そういったOSというのはハードそのものと密接に関わりがあり、そのため違うコンピューター上で同じOSをそのままコピーして使うというようなことはまず無理なのである。

しかし、仮想化するとどうなるか。ハードとOSの間に、その違いを吸収するためのソフトが重なり、その結果としてOS部分の可搬性が高くなる。また、通常ハードとOSは1対1で用いられるものであるが、仮想化されたものに限ってはそうとも限らない。ひとつのハードに複数のOSが動作する(ように見せかける)ことも可能なのである。

そんなわけでこれから暫く、ちょこちょこ書いてみようと思う。
Computer > VMware | comments (0) | trackbacks (1)

ドキドキしてきた

私が好きなゲームメーカーさんに『自転車創業』さんがあるのですが、製作日記の皮を被った駄文のほうに

お待たせしましたらよ。


という文字が躍っているではありませんか!これは遂に、新作が出るということでしょうか!

あーもう考えただけでドキドキですよ(笑)。こうなったら今までのANOSシリーズをやり直すしか!(笑)。とりあえず浮動産が好きなので、明日からはじめることにしよう。
Game | comments (20) | trackbacks (0)
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER
PENTAX PEOPLE
PENTAX PEOPLE


水煙草専門店カリユン
水煙草専門店カリユン



はてなリング - Palm Ring

Bloglinesに登録